産婦人科の選び方は重要|赤ちゃんの為を想うなら

夫婦

お産を楽にする病院選び

妊婦

24時間態勢の送迎を基準に産婦人科を選べば、緊急性の高い分娩時にも安心です。クリニックと一体化する助産院が横浜市にはあり、気軽に健診が受けられます。医師とのコンタクトも密に行われており、安心です。アクセスが便利な点も、魅力となっています。

More...

初めて妊娠した人への助言

カップルとドクター

具体的に行う検査

もしかしたら妊娠したかもと感じた時、産婦人科で妊娠検査を受けることになります。ただ初めての場合、産婦人科で何をされるのか不安に感じてしまうものです。そこで、ここからは京都の産婦人科での妊娠検査を具体的に説明します。まず最初に行われるのが、医師による問診、身長と体重の測定、血液・尿検査などです。これらは、お母さんの健康状態を把握するために行われます。その後、京都の産婦人科では内診と超音波検査を続けて行います。まず、内診は、医師が直接膣の中に指を入れて、子宮の状態を調べる検査です。子宮は赤ちゃんを育てる場所なので、入念に検査は行われます。そして、超音波検査は、胎児の心拍や発育状態を超音波で確認する検査です。どの検査も健康な赤ちゃんを生む為に欠かせないので、最期まできちんと受ける必要があります。

持ち物

初めて産婦人科に診てもらう際に、多くの女性が悩むのが持ち物についてです。まず、京都の産婦人科に行くのに欠かせないものが、健康保険証です。これは、正確なカルテを作るために必要なものです。そして、もう1つ忘れてはいけないのが、診断費です。基本的に、妊娠は病気ではないので、京都の産婦人科では健康保険は適用されないです。産婦人科ごとに検査費用は異なりますが、およそ一万円から二万円持っていけば良いです。ただ母体や胎児に異常がある場合は、保険が適用されます。それと、内診の際に、体質によっては子宮から少し出血するケースもあります。なので、下着が汚れないように、念のために自宅からナプキンを持参すると良いです。

ママになる準備

男女

妊娠したらお腹はパンパンになり、後期は動けなくなるかもしれません。出産後は、目が見えない赤子がお母さんを求めて泣き続けます。出産後の生活は、自分の為ではなく赤ちゃんの為へ、と変化していきます。食生活をしっかりと見直して、何か問題があれば婦人科で相談しましょう。

More...

卵子凍結の需要拡大

夫婦

高齢と不妊の関係は密接しており、卵子や精子が老化によって質が落ちてくるので妊娠しにくい状況が生まれてしまいます。不妊治療の技術が高度であっても、この質の問題で成果が出ないことも少なくありません。この問題の対策として注目されているのが卵子凍結であり、若い頃の卵子で妊娠を目指していくことができます。

More...