卵子凍結の需要拡大|産婦人科の選び方は重要|赤ちゃんの為を想うなら

産婦人科の選び方は重要|赤ちゃんの為を想うなら

親子

卵子凍結の需要拡大

夫婦

年齢的な心配を解消

日本では年々高齢出産が増加してくるようになりましたが、晩婚化の影響もあって不妊も目立ってきています。夫婦そろって年齢が若くなければ、卵子や精子の質が不妊の原因となってしまうため、妊娠しにくくなるからです。このような状況から不妊治療の需要が大きくなり、高度な治療で妊娠を目指す傾向が強くなってきました。日本は世界の中で不妊治療を受ける件数が一番高い状況となっていますが、高齢のために成果を得た件数はあまり高くありません。卵子や精子を医療の力で若返らせることができないので、高齢による影響が問題となっているのです。こうした現状から、若い頃の卵子を一時的に冷凍保存していく卵子凍結が注目されています。未婚の状態でも受けられるメリットがあり、結婚をしてちょうどいい時期に凍結した卵子を使って妊娠を目指していくことができるようになりました。これであれば卵子の質の低下を防げて、高齢であっても若い状態のレベルで妊娠を望むことができます。

良質な卵子を求めて

卵子凍結は、もともとがんなどで卵巣を失う女性に適用されていました。それが不妊治療としても積極的に行われるようになり、大きな不妊治療専門病院ではこれを行うところが増えています。卵子凍結で使われる卵子は、良質なものが選び出されます。治療を受ける人は、一定期間排卵誘発剤などを使っていき、卵子を体外へ摘出していきます。選ばれた良質な卵子は瞬時に凍結され、専用の容器で一定期間保管されます。卵子凍結によって生まれた乳児も実際にたくさんおり、今のところ乳児へのリスクははっきりとは報告されていません。しかし、女性が40代でも卵子凍結で出産することができ、高齢による老化のリスクを抑えていってくれる効果は確かです。卵子凍結は不妊対策の1つとして、今後はさらに受けやすい体制に向けて期待が寄せられています。